新卒1年目の観聞日記

2017年3月に大学を卒業した若造の雑記です。

突貫紀行 ヨーロッパ(ミュンヘン 2日目編)

拝啓

 

学校や仕事に嫌気がさしている諸君。

暑い中、お疲れのことであろうと思う。

 

例に漏れず、私も日々くたびれている。

何故これほどまでに働き、胃と心に巨大な穴を開けながらもこんなちっぽけな給料なのだ!!!

そうは思わないかね君!!!

f:id:discord1009:20170718231439p:plain

これを書いている本日も、日中ストレスフルに働き、退勤後には気づくと棒切れを振り回しながら近所の森林公園を練り歩いていたのである。

我に返った時に感づいた大学生カップルの視線を私は忘れられない。

 

大学生カップルよ。私にも一言言わせてくれないか。

私にも、君たちの恋愛と同等かそれ以上にくだらない情熱を持って生きていた時代もあったのである(恋愛ではないが)

 

そんな現実逃避と、涙が出るほど切ない仕様の復讐(カップルと会社に対しての)として、今から君たちに私の青春時代のヨーロッパ紀行をお話ししたいと思う。

途中退席は許さない。

 

 

ダッハウ

一日目を終えると、水圧の異常に弱いシャワーで異常に臭くなった足を洗い、ベッドに横たわると、そのまま気付くと朝となっていた。

 

翌日、私と友人は、食べ放題の朝食で少しばかりのオリーブと大量のチーズ・パン・ハム類を流し込むとダッハウへ向かうことに決めた。

 

ダッハウにはナチスが作った最初の強制収容所がある。

初期には、主に思想犯などを対象にしていたが、徐々にユダヤ人も収容されるようになっていったそうである。

 

ここを訪れることは、これからの社会人生活に必要である。

リア獣どもよさらば!

君たちがバカみたいに騒いでいる間に、私は教養を磨いていく。

そのようなくだらない情熱と不毛な対抗心で私たちは強制収容所に向かうことを決めたのである。

 

その場はまさに”荒涼凄惨たる地”と呼ぶに相応しいものだった。

 

f:id:discord1009:20170718235736j:plain

寒い、薄暗い。

これは偏に天候のせいだけではなかったように思われる。

 

f:id:discord1009:20170718235741j:plain

ARBEIT MACHT FREI

(労働すれば自由になる)

ナチスは、多くの収容所の門にこのような文言を刻んだ。

なんという究極の二枚舌・欺瞞であることか。

 

f:id:discord1009:20170718235717j:plain

シャワー室(ガス室

妙な冷気が漂っている。

外の数倍は寒い。

 

くだらない情熱に後押しされた訪問だったが、行ってみると非常に有意義なものだった。

収容所内には展示室もあり、強制収容所が作られるまでの歴史的経緯を体系的に学ぶことができた。

 

ちなみに日本語対応は当然できていないので、訪問される際は注意するように。

私の友人は英語が読めなさすぎたため、滞在中「うふうふふっふう」という何とも言葉にできないため息をつきまくっていた。

 

 

ミュンヘン市

ダッハウを出ると、ミュンヘン市街をブラブラすることにした。

f:id:discord1009:20170719003339j:plain

普通の街並みがオッサレである。

何度教会に入ったか数えきれない。

クリスチャンでもないのにクリスチャンのふりをするなどした。

 

f:id:discord1009:20170719004630j:plain

人工の川では、二月だというのにサーフェインを繰り広げる黒づくめのおじさんたちがいた。

辺りで待機していた、サーフェイン終わりのおじさん一名は痛々しく止まらない震えを湛えた体をヒムセルフで抱きしめていた。

 

f:id:discord1009:20170719004921j:plain

食べかけである。

ガーリックバターというものが大変うまかった。

肉・ポテトの相性がバッチリ。

見ての通り、青い系の野菜はほぼない。どこにもない。

ミュンヘン中のどこにもない。

 

 

何ということだろうか。

仕事が嫌で懐古趣味的に紀行文を綴っていたが、気付いたらこんな時間である。

仕事のために早く寝ようなどという考えは毛頭ないが、明日夜はこの紀行を共に過ごした友と久方ぶりに合う計画を立てたのである。

我々は、共に肝の座ったへそ曲がりであるところで気があうのである。

 

こういう小さな幸せを見つけながら、日々辛い仕事を繰り返す無限ループのパラレルワールドのような世界を生き抜いているのである。

 

諸君、達者で。

明日はいいことあるかもよ。

では、続きはまた今度。

網野善彦

網野善彦氏の『日本の歴史をよみなおす』という本を読んだことがあるだろうか?

 

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

 

 

網野氏は、日本中世史の研究者であり、網野史学と呼ばれるほど中世史研究に大きな功績を残した人物である。

氏は2004年にご逝去されたが、その影響は今なお色濃くあり、現在活躍されている研究者の専門書でも必ずと言って良いほど言及されている。

 

現在では批判的に見る意見も多いが、網野氏の築いた中世世界の基礎概念は多くの研究者に共有されている。

 

その概念の一つが、「百姓と遍歴民」である。

 

網野氏は、中世においては、百姓=農民ではなかったと何度も主張する。

多様な地理的特徴を持つ日本の中において、海民もいれば山民もおり、その総称を百姓であると述べる。

(現在では、農業を担う人々が小規模な農業を行うなど、多様な複業で生計を立てていたと考えられている)

 

中世においては、年貢が必ずしも米に指定されているとは限らず、塩や絹などもあったことから、海民・農民・山民・商工業者の間で交易が行われたとされる。

 

その交易の場は「市」である。

そして、市には天皇や神社・寺に奉納物を奉じることで、営業の権利や交通税を免除された「供御人・神人・寄人」と呼ばれる遍歴民がいたことが知られている。

これらの人々のうちには、商工業者以外にも、近世において被差別民や位の低い人々とみられた「非人・遊女」なども含まれた。(遊女については諸論あるが)

 

網野史学においては、これらの人々は中世においてはまだ確実に賤視されてはいなかったが、南北朝の動乱後、正当な天皇権力が武家政権に接収されると、徐々に権威を失い、近代に近づくにつれて差別的(下位的)に扱われるようになっていったとされる。

 

この他にも、網野氏が気付きあげた中世世界は、我々が今まで日本史の常識として捉えていたことがひっくり返される魅力を備えている。

 

歴史が好きな人にも、今まであまり歴史に触れてこなかった人にも、驚きとさらなる探究心を与える一冊であることは間違いない。

 

この一冊で、歴史を見る目が変わる。

 

以下は、私が学生時代に書いた論文である。

当時はWindowsで縦書きで書いたが、現在はMacでアップしたため少々読みづらくなっており、大変申し訳ございませんが、何卒よろしゅう。

また、Googleドライブで開いただけの状態では、文字化けがあるが、

Googleドキュメントで開く」を押して見てもらえれば読みやすくなります。

論文 - Google ドライブ

 

網野氏にも多く触れている。

今見てみると冗長で稚拙な表現も多く気恥ずかしいが、お手隙の際に読んでみてもらえれば、これ以上の喜びはない。

 

褒められることはないと思うけれど、怒りもしないでくださりたく候。

突貫紀行 ヨーロッパ(ミュンヘン 1日目編)

 

 

ドイツ国鉄の仕組み 


 

 ミュンヘン空港を出た私たちは、宿があるHarrasという駅まで電車で行くことになった。

 

我らの旅の友『地球の歩き方』によると、ドイツでは切符を購入する必要があるものの、通すべき改札は特になく、乗る前に「切符今日買って乗りましたよ」という証明のためにスタンプを打刻して乗るらしい。

このスタンプを押して通らなければ、膨大な罰金が課せられるそうである。

 

私たちは18時までのフリーパスを購入し、打刻機に挿入しようとしたが、

 

あれ?あれあれ〜?

入らない

 

焦りと共に時間だけが過ぎていく。

滂沱の冷や汗。シワが増える切符。痛い視線。

しびれを切らした友人が受付のような場所を探し出し、打刻について聞いてきてくれた。

(友人「受付の人めっちゃ無愛想だわ。英語通じない」=「自分が英語喋れな過ぎてイラつかれました」→ヨーロッパに行かれる方は、とりあえず英語は勉強していこう!!!)

 

そこでどうやら「フリーパスに打刻は必要ないらしい」ことがわかった。

ダイヤモンド社様!!

フリーパスには打刻必要ないことも書いておいていただけると、初心者には大変助かります!!

 

そうしてようやくのことで、宿にたどり着いた我々。

1日目は宿付近を散策することで過ぎていった。

 

 

ミュンヘン近郊とスーパー


 

ミュンヘン近郊にあるHarrasは住宅地である。

観光するものなど皆無である。

 

しかし、二つの特徴に気がついた一つは「ホームレスの多さ」

駅前にホームレスが寝起きし、行き交う通行人からお金をもらう。

そして、そのホームレスは日本とは違い、通行人に積極的に話しかけるのである。

ウィーンに行ってもそうであったが、「自分は今こんな境遇にいるが、離れたところに子供がいて・・・」というのが一般的である。

 

こういう場面に接すると、やはり世の中の不条理を感じずにはいられなかった。

難民に寛容なドイツだが、その裏の面を見た気がする。

 

また、救急車の数も異様に多かった。3分歩くと救急車の音がどこかからか聞こえてくる。

しかも、その音がまた日本よりも異様で不吉な感じなのである。

 


ドイツの救急車 アグストゥスプラッツ/the Ambulance at Augustusplatz

 

ドイツは信号が点滅せず、非常に短い。

老婆が交差点の途中で渡りきれなくなってしまいそうな場面をなんども見かけた。

救急車が多い理由とは、つまりそういうことだ。

 

私たちは、そんなドイツ近郊にあるスーパーで食材を調達することにした。

【購入物品】

ライ麦パン8枚切り

イチゴジャム

水6本

ヨーグルト2つ

 

ドイツの修学旅行生がきていると思しき騒がしいホテルで、私たちは無言でライ麦パンを食べ続けた。

これほどパサパサで味気ないパンは初めてだった。

全身が「もう日本に帰りたい」と告げていた。

ヨーグルトはうまかった。

そして水は全て炭酸水だった。苦い!!!

 

 

教訓


 

  1. 英語は勉強してからいこう
  2. 交通機関の知識は携えよう
  3. 炭酸水はまずい

 

想像以上に長くなりそうなため、何回かに分けて書いて行くことにする。

ミュンヘン 2日目編 に続く)

ビットコインで有名な「仮想通貨」を買ってみた

最近、仮想通貨の値が高くなっているという話をよく耳にする。

 

仮想通貨っていうとあのビットコインの・・・。

なんとなく面白そうかも・・・。

 

そこで、僕も試しに買ってみることにした。

 

利用したのは、”Coincheck”というwebの取引所。

coincheck.com

 

なんとビットコインだけでなく、全12種類の仮想通貨を購入することができる。

そこで、ただビットコインを購入しても面白くないので、Rippleという通貨を買うことにした。

 

Rippleは、金融商品の決済・送金システムのことである、らしい。

平たくいうと、円からドル、あるいはもっとマイナーな貨幣に替える場合、

¥ → Ripple → $(その他)

という流れで行うことによって、非常に安い手数料で交換・送金ができる、らしい。

 

このシステムがうまくいけば、日本やヨーロッパなどの海外に出稼ぎに行っている外国人労働者を支えられるかもしれない。

その支援にもなればと思い、Rippleを買うことにした。

(徐々に個人は買えないようになっていくという噂もあるが・・・)

 

とりあえず、5,000円分を購入した。

(Coincheckの場合、手数料が700円以上かかる。少し高く感じなくもないが・・・)

 

このCoincheck、すごく簡単で、購入するのに特別口座の開設・登録などが必要ということはない。

電話番号、氏名、住所、免許証などの身分証の写真を提出して、登録完了である。

このお手軽さが仮想通貨の魅力であり、今後も発展していく要因になる気がする。

 

Rippleの相場は、昨日までかなり急騰していたようだが、現在は安定している。

そしてビットコインほど高くなく、なんとなくとっつきやすい印象。

Rippleの場合、短期的に利益を上げようとする人が多いと思うが、僕個人としては、長期的に見て、微増していく仮想通貨となって欲しいと思っている。

 

最後になってしまったけれども、

投資は自己責任で!

どの通貨がいいか決めるのは自己判断で!

また、確実に利益をあげられるものではないのでご注意を。

くれぐれも高額の投資などせぬように・・・。

【募集】東京で畑をシェアしてくれる人!

週末農業という言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

これは、平日に仕事をしている社会人や、学校に行っている学生が、時間のある週末に農業を行うことを指す言葉・・・らしい。

 

私も時流に乗り、週末農業をしようかと考えていたそんな折、家に次の団体のチラシが入っていた。

 

シェア畑 西国立 | 無農薬野菜を栽培するなら貸し農園の「シェア畑」全国60農園展開中

 

種も機具も貸してくれ、アドバイスもいただけるらしい。

さらに8人までシェア可能になり、人が増えれば増えるほど安くなる上、今なら入会金が5000円引きとのこと。

 

「誰か!一緒に農業しませんか!」

 

もちろん、取れた農作物は持ち帰れるし、出来ればその野菜を使って食事会など開催出来ればと思っている。

 

興味のある人がいれば、ぜひぜひご連絡ください!

突貫紀行 ヨーロッパ(出立編)

”身には疾あり、胸には愁あり、悪因縁は追えども去らず、未来に楽しき到着点の認めらるるなく、目前に痛き刺激物あり、欲あれども銭なく、望みあれども縁遠し、よし突貫してこの逆境を出でむと決したり”

 

この文章は幸田露伴『突貫紀行』からの抜粋である。

これは露伴が、文学の路を志し、北海道での電信技師の仕事を辞め、東京まで帰ろうとする紀行文である。

 

仕事を始める3月には、私も、このような露伴の熱い想いに触れた影響もあってかなくてか

「死ぬ!ずっとあそこで働いたら死ぬ!ヤダヤダヤダ!何とか逃げる方法を模索したい!逃げた気にでもいいからなりたい!」

という積極的な防御姿勢をもち、海外への旅を実施したものだった。

(その姿勢は今も変わらない)

 

f:id:discord1009:20170505225338j:plain

 

 

私は、友人とミュンヘン&ウィーンを訪れることにした。

 

成田〜アブダビミュンヘンに至るルートをエティハド航空を利用して行くことにした。 国際線に乗ること自体が初めてだったけれど、サービス・接客は可もなく不可もなく普通だったと思う。

 

映画は日本語で見られるものは2作ほどしかなく、搭乗員さんは、夜通し客と喋り続けていたが…。 (当たり前のことなのかもしれないけど、お酒のお代わりが無料なのには驚いた)

 

f:id:discord1009:20170505215951j:plain

機内食はこんな感じ

エティハド航空機内食は…

「味の濃いものは超濃厚!薄いものは無味!」である。

基本的に、この豆が入っている副菜が無味、パンの下にあるデザートが甘すぎた…。

 

しかし、英語も碌に話せない私たちの言葉に一生懸命耳を傾けてくれた搭乗員さんには、本当に感謝している。

友人は、

 

友「ティープリーズ」

搭「cheese? sorry,I don`t have cheese」

友「ノオオオウ!ティー!(滑舌調整したものの何故か"シー"に聞こえる)」

搭「she?」(怪訝な顔で周りの女性客を見回す)

友「ティー!ノットコーヒーじゃない方!」(コップを指差しながら)

 

というやりとりを行き帰りで一度づつ繰り返していた。

私は、「なんだこの凄まじいまでの英語力は」と、この度の行く末を始終案じ続けることとなった。

(その後も"write"を”ワライト”と読む曲芸などが各地で展開されることとなった)

 

ミュンヘン空港に到着すると、空港の入国審査では

「どこから来たの?」

「日本。成田から」

「はいOK」

というのみで通過することができ、セキュリティにも一抹の不安を覚えつつ、空港からミュンヘン市街へと向かうこととなった。

 

私たち一行は、大学を出てブラックと言われる業界で働く恐怖(友人は介護)を、旅の不安で消しとばす事には成功したものの、言語の壁によって、旅を楽しむという心を初日にして失い始めていたのである。

 

ミュンヘン編に続く)

吉村作治先生のクラウドファンディング

エジプト研究で著名な吉村作治先生が、現在クラウドファンデイングサイト”Readyfor”で支援者を募集している。

 

吉村先生は、ピラミッド建造の目的が王の埋葬ではないことを主張している。

そして、その真の目的を解き明かす鍵が「第二の太陽の船」に隠されているとしている。

 

あの世とこの世を行き来する太陽の船

この船はクフ王の船とも呼ばれ、古代エジプトの貴族センネジェムの墓の壁画にも

描かれていることから、古代エジプトの王家にとって重要なものであったと考えられる。

しかし、第一の船と第二の船では、使われている金具やマストの有無などに違いが見られ、船自体の性格(用途・目的)も違うものだったことも推察される。

 

今回のクラウドファンディングでは、保存状態が良好ではないこの「第二の太陽の船」の完全修復・復元を目指して、支援者を募っている。

 

目標額は20,000,000円。

現在は150人ほどの協力者がおり、目標額の約半分を達成している。

 

吉村先生は現在アパートで暮らしていらっしゃる。

ご自分の全財産を投げ打ってでも、古代の謎を解明することに情熱を注いでいるということである。

まさに、このお仕事(古代エジプト研究)に人生を捧げている。

シュリーマンのごとく! 

 

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)

 

 

 プロジェクトの詳しい概要やリターンの詳細などはこちらへ ↓

readyfor.jp

 

古代エジプトや考古学・歴史に興味のある方は参加されてはいかがだろうか。